Latest Posts

これからはクラウド勤怠管理の時代!?タイムレコーダーアプリ

これからはクラウド勤怠管理の時代!?タイムレコーダーアプリ

そもそもクラウド勤怠管理システムって何?

クラウド勤怠管理とはインターネット環境があればどこでも勤怠管理に関するサービスを受けられるシステムのことです。従来のようなアナログな打刻方法では多様化する働き方全てに対応できず、正確な勤務時間を把握できません。そこで登場したのがクラウド勤怠管理システムです。

タイムレコーダーアプリの正しい選び方

クラウド勤怠管理システムとして有名なのが「タイムレコーダー」です。アプリなども数多く存在し、実際に様々な企業で既に使用されています。タイムレコーダーアプリを導入する際、自社に適した方法か・費用・サポート体制・従業員のアプリの導入が必要かの4点に注目してください。従業員数・働き方によって、適するアプリは異なります。サポート体制がしっかりしていれば正常に作動しない時に速やかに対処できます。費用は無料から高額なものまで様々なので、確認が必要です。

メリット&デメリット

メリットは何と言っても労働時間の管理が圧倒的に簡単であることです。労働時間を一覧で簡単にチェックできるだけではなく、集計作業の手間を省くこともできます。また、利用者側としては、外出先で退勤打刻をすればそのまま自宅へ帰ることが可能です。わざわざオフィスに戻る必要がなく、プライベートな時間を満喫できます。ただし、位置情報の機能がなければ不正打刻のリスクがあるため、注意が必要です。

導入方法!自動集計・給与計算まで!?

実際に導入する場合はアプリをインストールしてアカウントを作成し、管理者が利用者を登録すれば出退勤や休憩時の打刻ができるようになります。必要であれば従業員にアプリのインストールを依頼しましょう。また、サービスを連携させれば打刻だけではなく、打刻されたデータに基づいて勤務時間の自動集計や給与計算まで行ってくれます。

タイムレコーダーを利用することで、社内の勤怠管理をスムーズにおこなうことができます。履歴機能も完備されています。

Related Posts

Read also x