Latest Posts

プライバシー侵害の明確な基準はない?個々の判断に任せられる部分が多い

プライバシー侵害の明確な基準はない?個々の判断に任せられる部分が多い

守られるべきプライバシー

ネット社会の発達とともに重要視されるのがプライバシーの問題で、法律でもプライバシー権が保障されています。日常生活ではあまり意識することがないですが、気づかないうちに他人のプライバシーを侵害してしまうことがあります。例えばラインのタイムラインには、友人と過ごした楽しい時間を写真つきで公開できます。これを見た第三者は友人の容姿を確認できるだけでなく、おおまかな当日の行動まで把握することができます。友人としては他人に知られるのは嫌で、それによって何らかの不利益が生じることも考えられます。プライバシーの侵害は他人に秘密を知られるだけにとどまらず、付随的に生じる悪影響で相手方に大損害を与えるケースもあります。誰もが持ち合わせている大切な権利なので、他人のプライバシーは自分のことのように扱わなければいけません。

プライバシー侵害の明確な境界線はない

法律によって守られているプライバシー権は、ネットの急速な発展には遅れをとっています。明確な基準が確立されていないので、注意する側としても戸惑ってしまいます。タイムラインに写真を掲載されることを、不快に思う相手もいます。この場合にはプライバシー侵害の問題になっても仕方ありませんが、そのような相手ばかりではありません。結局のところは、相手がどのように捉えるかが問題になってきます。相手との信頼関係を確立するのは大切ですが、思惑をすべて理解することは不可能です。最終的には個々の判断に委ねられてしまう部分が多く、プライバシー侵害は難しい問題です。ネット社会に対応した法整備をすることで、明確な境界線が出来上がります。

機密文書とは、会社にとって非常に重要な書類のことを指します。外部に漏れた場合、会社にとって大きな損害が出ることもあるため、管理をしっかり行わなければなりません。

Related Posts

Read also x